薩州 赤兎馬

軽やかな青
薩州 赤兎馬 20度

爽快感のある
味わい。

厳選された「黄金千貫」と「頴娃(えい)紫」と、シラス台地で天然濾過された水で生まれた焼酎。
ほんのりとフルーティーで、爽快感のある味わい。

商品スペック

種別
本格芋焼酎
アルコール分
20度
内容量
720ml / 1800ml
希望小売価格
1,452円(税込)/ 2,750円(税込)
原材料名
さつまいも(鹿児島県産)、米麹(国産米)
白麹
蒸留方法
常圧蒸留

味わいストーリー 
〜私の想い〜

コラムニスト新井見枝香

コラムニスト

新井見枝香

(あらい みえか)

私の部屋にはテレビがない。書店員だからというわけではないが、基本的には本があれば退屈しない。だが、のんびり酒を飲む時は、少し手持ち無沙汰だ。
ひとり暮らしの部屋には、片手で撫でる猫もいない。

「赤兎馬20度」は、透き通った薄い水色の瓶が特徴だ。
休日の昼下がり、窓から差し込む光に瓶をきらめかせたら、最高に美味い酒だろう。つまみは何が合うだろうか。

閉店間際のスーパーで買い集めた夏野菜を、オリーブオイルでじっくりと焼く。それを薄味のつゆに浸して、1時間冷やしたら完成だ。今夜は「どの野菜がいちばん合うのか決定戦」の審査員を務めながらの晩酌である。テレビなんて見ている暇はない。

焦げ目を付けたとうもろこしには、やっぱりビールだ。たっぷり油を吸った茄子は、レモンサワー。甘く煮たかぼちゃは、日本酒のとろみが欲しくなる。アルコール度数を下げたことで爽やかさを増した「赤兎馬20度」は、熟成による旨味が、疾風のように通り抜けて消える。
さらに紫芋を加えたことによって、冷たい温度でもしっかり舌で味を感じる構造だ。

自分の強みをよくわかっている。そんな頭のいい酒には、控えめだが意志の強い、ししとうが最も合うだろう。

3本焼いたししとうのうち、最後の1本は、爆弾みたいに辛かった。ししとうとは、そういう奴である。辛みに任せてぐいっとグラスを煽っても、幸いアルコール度数は20度。ししとうが甘くても辛くても、上手く対応できる酒なのであった。